便秘症の子どもの味方『ちょーきれい!善玉ガード』

将来まで続く体の敏感・デリケートの問題は、小さなころからのケアが重要!

お子様の体の中を綺麗に保つ習慣を『善玉ガード』で始めませんか?



善玉ガード

子どもにも安心な『ちょーきれい!善玉ガード』は、アレルギーフリーの乳酸菌サプリメントです。

この『善玉ガード』ですが、最近ではすっかりおなじみになったモンドセレクションの銀賞(2017)を受賞するほどのサプリメントです。

また原材料をとってみても、安心安全の国産の原材料が使用されています。

そして小さな子どもが毎日飲むものだから、品質管理も徹底されています。

配合成分は、子どもの腸の中に生まれた時からいる乳酸菌の働きを助ける生きて腸まで届くヒト由来の乳酸菌(BB536 ※特許所得)生ビフィズス菌(LCKT-11)を配合。

100種類の食品を発行させて作った酵素によって、食べ物の消化・吸収を助けるだけでなく、子どもの成長に必要な栄養素も、バッチリ摂取することが出来るんです。

また『ちょーきれい!善玉ガード』には、腸内の乳酸菌の働きを助ける「フラクトオリゴ糖」や天然過アカシア樹木由来の「高分子難化性ファイバー」と「天然由来カルシウム」「キシリトール」も含んでおり、多角的にアナタのお子さんの乳酸菌を元気にします!

しかも、『ちょーきれい!善玉ガード』は美味しいヨーグルト味で、お子さんにおやつ感覚で食べさせやすいんです。

思い出してみてください、便秘のせいで苦しんでいるアナタのお子さんの顔を。想像してみてください、便秘のせいで身体が大きくならない、アナタのお子さんの未来を。

好き嫌いが多く、運動も嫌い……そんなお子さんをお持ちのお母さんも。

元気だけど食が細い、胃腸が弱く便秘だけでなく下痢気味だ――そんなお子さんをお持ちのお母さんも。

この機会に『ちょーきれい!善玉ガード』を試して、お子さんの便秘を解消し、お子さんの健やかな成長を応援してあげませんか?

お子様の将来を本気でお考えの方へ。小さなころからのケアが重要です!『善玉ガード』
善玉ガード

軽視していませんか?近年「子どもの便秘」が増えています!

大人の女性の多くは日常的に便秘に悩まされている方が多く見受けられます。

しかし、それが子どもの場合は、話は別です。

便秘で悩まされているお子さんは、10人に1人以上とされており、割合から言えば少ないともとれますが……

だからと言って、放っておいて良いというワケではありません。

食生活の欧米化により、日本人が野菜を摂取する量は減りました。また幼い頃から塾に行ったり、外で遊ぶ機会が少なくなったりと、子どもの運動不足が問題視されています。

これら日本人の――特に子どものライフスタイルの変化によって、小児肥満が増えているだけでなく、子どもの慢性便秘症も増加傾向にあります。

大人からすれば「たかが便秘」かも知れませんが、子どもの便秘を放っておくと、最悪の場合、腸が異常に膨らむ「巨大結腸症」となり、軟らかい便が漏れ続けてしまう「遺糞(いふん)症」になる可能性があります。

また慢性的な子どもの便秘は遺糞症だけでなく、お子さんの成長に著しい悪影響を与えることも考えられます。

このように放置しておくと怖い「子どもの便秘」ですが、どのような”害”が考えられるのでしょうか?

まずはお子さんの便秘を放っておくことの”リスク”をしることからはじめましょう。

[便秘の害その1]巨大結腸症リスクの増大

先に遺糞症に触れましたが、子どもの便秘を放っておくと固くなった便秘によって、腸が少しずつ膨らんで行きます。

特に便秘が慢性化している場合は、慢性化から1~2年で子供の割には腸が異常に膨らんでしまう「巨大結腸症」となってしまう場合があるのです。

巨大結腸症は遺糞症のリスクを増やすだけでなく、腸閉鎖によって腸に便がたまり続け、最悪の場合はお子さんの死を招くことさえ考えられます。

また巨大結腸症になってしまうと、腸内で大腸炎や細菌・寄生虫などの感染リスクが高まるだけでなく、発熱・脱水・精神状態の異常などの全身中毒症状をともなう症状が出る場合もあります。

[便秘の害その2]遺糞症リスクの増大

お子さんの便秘が続いてしまい、巨大結腸症が引き起こされてしまった場合は、広がった腸から便が垂れ流しになってしまうことがありますが、他の原因でも遺糞症になることがあります。

例えば、なかなかうんちが出来ない子供に向かって、厳しくしつけてしまった場合は、そのストレスが原因で不適切な場所で排便してしまう「遺糞症」になってしまうリスクが考えられます。

「なんで便秘なの?」

「どうしてトイレに行かないの?」

という過度なしつけは、お子さんの便秘を悪化させるだけでなく、遺糞症のリスクを増大させることにもつながることを覚えておおくと良いでしょう。

[便秘の害その3]さまざまな病気リスクの増大

巨大結腸症や遺糞症だけでなく、子どもが便秘がちになるということは、それだけ病気のリスクが増大することが懸念されます。

便秘ということは、身体の中に毒素と雑菌の塊が詰まっているということです。

子どもの身体の中に、そんな汚いものが詰まっている状態では、子どもの免疫力は低下し続けてしまいます。

ただでさえ子どもは成長段階で、身体も弱いのにその上慢性的な便秘のせいで免疫力が低下してしまえば、風邪を引きやすくなるだけでなく、さまざまな病気のリスクが増大します!

大人でさえ、便秘が原因で翌日肌が荒れるのですから、それがまだ成長段階の幼い子どもなら、何が起こるかわかりません。

[便秘の害その4]子どもの成長が阻害される

便秘は腸の中、身体の中に便があり続ける状況です。

そして、腸内に便が溜まっていると、便の毒素が腸から吸収されて、子どもの身体に毒素が溜まり続けてしまいます。

身体の中に毒素が溜まると、まだ小さい子どもなのにも関わらず、血行不良が引き起こされてしまい、子どもの身体全身に栄養素が十分に行き渡らなくなってしまいます。

そして、その便秘の結果引き起こされるのが、子どもの成長の阻害です。

成長段階で全身の細胞に栄養が必要なお子さんが便秘のせいで、血行不良になってしまえば、全身の細胞に行き渡る栄養素が不足してしまい、結果的に身長が伸びなくなるだけでなく、身体が十分に成長しなくなることがあります。

[便秘の害その5]心の成長に悪影響を与える

「6歳までの食生活が子どもの将来を決める」と言われています。

それは身体の成長だけでなく、心の成長にも悪影響を与えてしまうのです。

小さい頃から「自分は便秘がちだ」というイメージを持って育った子どもは、トイレに対して苦手意識を持つようになることがあります。

また、小さなころの便秘が原因で厳しくしつけられた子どもは、自分の排便に対して、必要以上に気にするようになる可能性もあります。

便秘に対して、厳しくしつけられたり、学校でトイレトラブルがあったりすると、大人になってもトイレの場所を異常に気にするようになったり、トイレのせいで仕事に悪影響が出てしまうこともあります。

大げさなことのように思えますが、

「子どもの時に言われたこと、されたこと、やったこと」

が原因で、その後の人生に悪影響を与えてしまうことがあることを考えると……

たかが「子どもの便秘」と一笑に付すことが出来ないことは、ご理解して頂けるのではないのでしょうか。

お子様の将来を本気でお考えの方へ。★初回半額以下★ちょ~きれい!『善玉ガード』
善玉ガード

どれくらいからが子どもの便秘なの? 子どもの便秘度CHECK

  • うんちをするのが苦しそうだ
  • うんちが出るのは週に3回以下
  • 小さいコロコロとしたうんちが出る
  • 柔らかすぎるうんちが出ている
  • 5日以上うんちが出ていない
  • お腹を触ると張っているのがわかる

上記の6つのチェックに、アナタのお子さんはいくつ当てはまったでしょうか?

上記の項目に2つ以上チェックがついた場合は、アナタのお子さんは慢性的な便秘症の可能性を疑ってもいいかもしれません。

特に「うんちが出るのは週に3回以下」「5日以上うんちが出ていない」というお子さんの場合は、注意が必要です。

それではお子さんの慢性的な便秘症を解消するためには、どうすれば良いのでしょうか?

この章では、お子さんの慢性的な便秘症を改善するための方法をご紹介したいと思います。

[便秘解消法その1]早寝早起きの習慣をつける

最近の子どもは、夜遅くまで起きていることが多いですが、夜遅くまで起きているということは、腸の活動が乱れているということを意味します。

人間は――特に、農耕民族だった日本人は、日の出とともに起きて、日の入りと共に寝ていました。

そして、夜早くグッスリと眠ることで、内蔵を休め、腸内活動をスムーズにし、朝起きてすぐに排便していました。

しかし、現在は夜眠る時間が遅くなってしまい、内臓がゆっくりと休まることが出来ず、身体がきちんと休まることが出来なくなってしまっているのです。

特に子どもは、まだまだ成長段階。

こういった乱れきった生活習慣が続くと、便秘になりやすくなるだけでなく、成長にも悪影響を与えてしまいます。

だから「夜ぐっすりと寝て、腸をぐっすりと休め、朝早く起きて腸を動かす」といった健康な生活習慣を身に着ける必要があるのです。

[便秘解消法その2]適度に運動させる

最近の子どもは運動する機会が減ってしまっており、肥満が増えてしますが、運動不足が原因とみられる便秘も増えているのです。

運動することは、身体の中も外も動かすということ、特に小さなお子さんの身体は中も外も未発達です。

腸を活発に動かすためには、大人以上に身体を動かし、腸に刺激を与えなければなりません。

普段からおとなしいお子さんの場合は、親御さんも一緒に運動し、腸に刺激を与えてあげましょう。

[便秘解消法その3]水をたくさん飲ませる

小さな子どもは大人以上に汗をかきます。

子どもがたくさん汗をかくのは、新陳代謝が活発だからです。

そのため小さな子どもは脱水症状になりやすいのですが、たくさん汗をかいて、身体の中に水分が足りないということは、便が含む水分量が少ないことを意味します。

大人も子どももスムーズに排便するためには、便にある程度の水分が含まれている必要があります。

だから、お子さんの便秘を解消するためにも、お水をたくさん飲ませる必要があるのです。

また、お子さんがあまり水を飲みたがらない場合は、スープなどを作って、食事の中から水分を摂取できるようにしてください。

[便秘解消法その4]発酵食品を食べさせる

大人も子どもも、腸の作りは同じです。

そのため子どもも大人同様に、乳酸菌を含む発酵食品を食べることで、腸の中で善玉菌が増え、腸内環境が改善し、便秘になりにくくなります。

お子さんの腸内環境を良くするために、積極的に食べさせたい食品は以下の通りです!

  • ヨーグルト
  • 納豆
  • お味噌
  • チーズ
  • ぬか漬け
  • 発酵バター など

大人のおつまみとして代表的な「キムチ」も乳酸菌を多く含む食材ですが、子どもに食べさせる場合は、唐辛子の刺激が強すぎて、胃を荒らしてしまうことがあります。

そのため小さなお子さんをお持ちの方はキムチを食べさせるのは控えた方が良いかもしれませんよ。

[便秘解消法その5]野菜を食べさせる

発酵食品と共にお子さんに積極的に食べさせて欲しいのが「野菜」です。

小さなお子さんにとって、野菜は天敵みたいなものですが、野菜を毎日食べさせることで腸の働きが改善し、便秘を予防・改善しやすくなります。

野菜には、さまざまな栄養素が含まれているだけでなく“食物繊維”も豊富に含まれています。

これは野菜に含まれている食物繊維が腸内の他の便とくっつくことで腸の活動をスムーズにするからです。

ホースの中にあるたくさんの小さなボールを、ホースから出し切るのは大変ですが、小さなボールを一つにまとめ、大きなボールにしてしまえばホースの中にあるボールを外に出しやすくなりますよね?

食物繊維を食べるということは、小さな便を1つの大きな便にして、腸から排出しやすくさせる――ということなのです。

ただし、ゴボウやえのき茸などに含まれる「不溶性の食物繊維」を摂取しすぎると、かえってお子さんの便秘を悪化させてしまうことがあるのでご注意ください。

子どもの便秘を改善させるには、ご紹介した5つの方法を実践することが効果的でしょう。

しかし、まだ小さな子どもは大人と違って、自分で「便秘を治さなきゃ!」と運動したり、水を飲んだり、自分から率先して、ヨーグルトを食べたり、ましてや野菜を食べたりすることはありません。

つまり、親であるアナタがお子さんの健康状態を管理し、便秘になりにくい食生活を実践してあげなければならないのですが、それは言うほど簡単なことではありません。

特に小さなお子さんは、「食も細いし、野菜の好き嫌いも多い。」

便秘改善のためと言っても、アナタが作った果物いっぱいのヨーグルトやサラダなどをきちんと食べてくれないこともあります。

そして、「食べないこと」で厳しく叱ってしまったら、それがストレスとなりますます便秘が悪化してしまうケースもあるのです。

それでは、そんな子どもの便秘を改善させるためには、どうすれば良いのでしょうか?

それは子どもでも安心して使える、便秘改善サプリメントを取り入れてみることです。

お子様の将来を本気でお考えの方へ。小さなころからのケアが重要です!『善玉ガード』

【ちょーきれい!善玉ガード】子育てのミカタ