近年急増している子どもの便秘症。

お子さんの健康を守りたいお父さま・お母さまとしては、一刻も早く解消してあげたいものですね。

とはいえ、たった1日便がでなかったからといってすぐに便秘症と判断して病院に駆け込むのも考えもの。

病院での診察や治療が必要な便秘症とは、いったいどのような症状なのでしょうか。

便秘症とはどんな症状? 病院へ行くのはどんなとき?

便秘症の目安は……

  1. 便の回数が1週間に3回より少ない
  2. 5日以上便がでない日が続く
  3. 便がかたくて排泄がしにくい

といった状態がつづくことです。

2~3日に1回きちんと便がでて、食欲旺盛で元気であれば、毎日でていなくても問題はありません。

反対に便がでていても残り分がお腹のなかでつまっている、といったケースもあります。

子どもが便秘かどうかは、排便の回数だけでなく便のかたさや量なども見て判断する必要があるのです。

便がでているのに便秘かもしれないなんて、なかなか考えにくいことですよね。

子どものおなかのなかの状態に早く気づいて、必要な治療を受けさせてあげたいものです。

そのためには、こんな症状がないかチェックしてみてください。

  1. 3日つづけて便がでない
  2. いきんでもなかなか便がでない。
  3. だすときに痛がる
  4. 便をだすときに肛門が切れる
  5. 下血や血のまじった便がでる
  6. 吐き気がある
  7. お腹が張っている
  8. かたくて小さな便しか出ない

もしもお子さまにこんな症状がみられたら、早めに病院で診察を受けさせてあげましょう。

便がでていても、油断は禁物です。

便秘症、放置するとどうなるの?

もしも子どもの便秘症に気づかずに、放っておいたとしたらどうなるのでしょう?

便通は、からだの中の不要な物や毒素を外に出すための大切なはたらきです。それが滞ると、からだの中に毒素やいらないものがどんどんたまって、積み重なっていきます。

子どものおなかの中でたまった便は、腸内でだんだんかたくなります。その状態で排便をしようとすると、かたい便が肛門を傷つけて痛みを感じたり、切れて出血したりします。

苦痛を感じた子どもは、便がしたくなっても我慢するようになるのです。そうなると便はますますおなかの中にたまり、子どもはさらに排便が苦痛に感じるようになってしまいます。

最近増えている子どもの便もれは(とくに小学生以上)、こうしておなかに便がたまった状態で起きるという説が有力です。

排便を我慢していると、腸のはたらきがにぶくなり、便意を感じにくくなります。すると、古くてかたい便と腸のすきまから、新しくやわらかい便が気づかないうちに外にもれてしまうのです(これを「便失禁」と呼びます)。

子どもにとって、とても恥ずかしくてつらいことですよね。

それだけではなく便秘症を放っておくことは、将来腸閉そくや大腸がんなどの病気を起こす原因にもなります。やはり、子どもの便秘症は早く気づいてなんとかしてあげたいものです。

便秘症の予防に、善玉菌を増やす食習慣を! 

便秘症を解消することと同じくらい大切なのは、便秘にならないように予防することです。

朝ごはんを食べることで、腸は活動を始めます。朝は便がもっとも出やすい時間帯です。毎日朝食後にトイレに座るようにすれば、よい排便の習慣をつくることができるでしょう。

朝に限らず、便意を感じたらがまんせずにトイレに座るよう子どもに教えましょう。

また、毎日の食生活を見直して子どものおなかの中の環境を整えることも、便秘の予防につながります。

水分や食物繊維が便をやわらかくするほか、オリゴ糖を含む食品も便秘の予防に高い効果があります。

腸の中には、腸のはたらきを助ける善玉菌と、便秘の原因になる悪玉菌、どっちつかずの日和見菌とよばれる3つに分類される菌の勢力があります。

善玉菌と悪玉菌は、腸内で増えるための戦いをくりひろげているのですが、オリゴ糖は善玉菌であるビフィズス菌の強い味方になるのです。

ビフィズス菌はオリゴ糖を食べて、乳酸をつくります。その乳酸が、悪玉菌にとっては天敵なのです。乳酸が悪玉菌を死滅させれば、便秘の原因の一つが解消されるうえに、善玉菌が腸内で増えます。

増えた善玉菌が消化吸収を助け、免疫細胞を活性化させることで、腸のはたらきはぐっとよくなるのです。

善玉菌が増えると、いいことづくめですね。オリゴ糖は牛乳やヨーグルトのほか、キャベツやバナナなどにも含まれています。

また、最近はお子さま向けの善玉菌サプリメントなども販売されていますので、活用してみるのも良いでしょう。

毎日の食習慣の中に積極的に取り入れて、お子さまのおなかの中の善玉菌を増やしていきましょうね!