大人だけでなく子どものストレスの原因となっている「便秘」。

これを放置しておくと子供の成長の妨げとなってしまうケースも多々あります。

子どもの便秘対策に「善玉ガード」が今注目を集めていますが、一体どんなサプリメントなのでしょうか?

実はお子さま自身、ストレスの原因が便秘だとは知らない

子どもは代謝が良いからと、「成長と共に便秘なんて自然に治るだろう」と放置していませんか?

実は発展途上のお子さまの消化状態(胃腸の不調)の放置は、別の弊害まで数珠つなぎに起こる危険性をはらんでいます。

例えばお子さま特有の「イヤイヤ期」。

これはほとんどの子どもに起きる現象ですが、便秘でお腹がはっているとストレスでさらに進行していきます。

そして「どんより」気分や「ぐずぐず」ごねる状態も続行。

実はお子さま自身、語彙力・表現力や経験が少ないため自分は何が原因で不快なのか理解していないケースも多いのです。

自分のイライラの理由が解らないままグズりつづけていると、怒りっぽい子やワガママな子どもに育ってしまう可能性が高くなります。

さらに性格・精神面の問題だけではありません。

未成熟な頃に便秘癖をつけてしまうと、便秘が治らないどころか、慢性の便秘・「便秘症」に進行してしまいます。

お子さまが無意識に便秘癖やグズり癖をつけてしまう前に、お母さま・お父さまが気づき、腸内対策を考えてあげることが大切です。

善玉ガードって何?

「善玉ガード」はサプリメントの名前です。

サブタイトルに「ちょーきれい」とあります。ちょーきれい、すなわち「腸キレイ」。腸内環境を整えるサプリメントなのですね。

この善玉ガードの主成分は「乳酸菌LCKT11」「生ビフィズス菌BB536」「(熟成庫づくり)酵素」の三種。どれも腸内の善玉菌を増やすのに活躍します。

さらに善玉菌の超強力な助っ人として「フラクトオリゴ糖」「高分子難化性ファイバー」「天然由来カルシウム」「キシリトール」などを配合。

ファイバーというのは繊維質のことです。便秘改善には効くと昔から言われていますよね。

キシリトールは歯を強くすることで有名ですが、実は適量摂取することで善玉菌を増やす効果もあるのです。

これらの成分たちの強力タッグで善玉ガードは、腸内フローラ(腸内環境)をしっかり「ガード」してくれます。

また善玉ガードはなんと23品目のアレルギー対策をしていますので安心できます。

善玉ガードはヒトの腸の強い味方なのです。

善玉ガードがお子様でも服用OKのわけ

善玉ガードはどちらかといえば子ども向けに作られたサプリメントです。

第一の理由は、成分が天然由来のもの中心で効きめがやさしい。むりに便通を強制する下剤のような成分は入っていません。

その次に選ばれている理由は、「飲みやすさ」です。

善玉ガードは一日たった3粒。しかもお菓子のような味のチュアブル錠なので、最もお子さまの食いつきが良いサプリメントとして好評を得ています。

味は子どもが大好きな「ヨーグルト味」。チュアブル錠なので噛んでたべてもOKです。

ややラムネに近い味という口コミもありますが、とにかくお菓子感覚で楽しく美味しく摂取できるサプリメントなのですね。

もちろん、善玉ガードは大人(お母さま・お父さま)もいっしょに摂取してもかまいません。ちなみに大人が摂取する場合は、小児量の倍の6錠が目安です。

ですので、まずはお母さま・お父さまがお手本として先に飲んでみせると良いかもしれませんね。

「ちょうだい、ちょうだい!」とお子さまのほうから欲しがるかもしれません。

善玉ガードを上手に取り入れて、便秘のない健康な腸内環境を手に入れましょう!

お子様の将来を本気でお考えの方へ。小さなころからのケアが重要です!『善玉ガード』



ちょーきれい!善玉ガード